高齢出産記録と育児雑感

40代半ばで娘を二人出産し、2018年から1歳4ヶ月差の年子育児スタート。母親の余裕が子供にとって一番大切だと思うので「無理しない・苦手なことは頑張らない・手を抜けるところは徹底的に手を抜く・何事もそこそこに」をテーマに子育てしたいです。

・一人っ子好きだし、一人を育てる予定が年子育児になろうとしてる

もし計画的に二人目を作るつもりなら、最低三歳差以上が体力のない私にはいいのかも、と妄想するこの頃。何故なら、体力がない私に年子育児が大丈夫なのかいまだにかなーり不安だから妄想しちゃうんだよねえ。

 

 

その理由は、、、

1、母体の回復。これ一番考えますね、私の場合、、。人間以外の霊長類は人間と違って共同療育でもないし、母体の回復もあり、だいたい5年あけるみたい。

 

 

 

2、上の子どもが幼稚園に通い出すくらいが、子どもが自分のことをかなり出来るようになってるし、家に上の子がいない時間があるから、二人目の赤ちゃんの面倒を見るにはしんどくなさそう。

 

 

でも、産後フラフラな中、幼稚園の準備や送り迎え、行事の参加があるから、これはこれで大変だー。保育園の場合はもっと早くから預けられるから、また違うかな?

 

 

 

3、2歳差の場合、上の子がイヤイヤ期ピーク時に二人目を産む可能性が高い。すると、二人目がまだ赤ちゃんで手がかかる時と一人目のイヤイヤ期が重なって、親は超遠方で、地元から遠く離れた地に住んでいて昔からの助け合える友人も超遠方、夫には全く育児では頼れない。私の精神が参りそうなので、二歳差より私の場合は三歳差以上が良さげ。

 

 

しかし、イヤイヤ期がいつピークかは、個人差があるから、実際はわかんないなあ。一歳半で始まるパターンなら、私の三月出産以降、かなり大変になるなあ。

 

 

なーんて妄想してみた。実際には、ひゃくぱー計画的に出産なんて無理な私の人生だったので、完全なる妄想モード。

 

一人をのんびりまったり育てるつもりが年子育児にこの3月からなろうとは、、、。

 

 

私、一人っ子好きなんですよ。兄弟で比べられることなく育つので、兄弟で出来ない方の子供が持つ劣等感を持つ可能性はゼロだし、愛情を一身に受けることもあり、私の知り合いの一人っ子は、個性的でマイペースで、鷹揚で人に分け与える余裕が小さい頃からあって、大好きでしたね。友達に一人っ子多いよ。

 

 

社会性を心配する人がいますが、年の離れた末っ子(特に男・男・女)(あるいは女・女・男)の方がワガママ度合いや、「自分はアイドルだし注目集めて当たり前。世界は自分中心に動いてる」的な意識は、私の見た限りは一人っ子より強いと思います。

 

でもですね、年の離れた末っ子のこの意識、ワガママというか、この自信は、意外にモテたり周りに受け入れられる愛嬌になったりするので、どちらも良いとこもあれば上手く行かないこともあるといったところでしょうか。

 

 

私の体力で年子育児、大丈夫なんだろうか。ああ、現在1歳4ヶ月の娘のイヤイヤ期が、なるだけ遅く始まりますように!

 

 

子宮内仮性動脈瘤の手術をすると非常に妊娠にしくいというか、妊娠は諦めて貰わないと、と言われてから産後の緊急手術の同意書にサインしたし、加えて40なかばという年齢のことも考えると妊娠したことがいまだに信じられない。

 

 

妊娠10ヶ月の今でもなんか嘘みたい。私の都合だけで希望するんだけど、なるだけよく寝る、肌の疾患もない、健康な赤ちゃんでありますように!!そして、そうでなくても可愛がれる余裕が私に産後、ありますように!!

 

 

 

最近更新頻度が高いのは、胎動が激しくて寝れないことが多いからです!肋骨あたりを足で蹴ったり、下の方を手でグリグリしてるみたいで、うっ!ってなります。でも、よく動く分には問題ないから、元気でいてくれてるな!と思って、うつらうつらしながらブログを書いたり読んで、娘の寝てる横で夜中過ごしてます。

 

 

 

 

 自己紹介 - 高齢出産記録と育児雑感