高齢出産記録と育児雑感

40代半ばで娘を二人出産し、2018年から1歳4ヶ月差の年子育児スタート。母親の余裕が子供にとって一番大切だと思うので「無理しない・苦手なことは頑張らない・手を抜けるところは徹底的に手を抜く・何事もそこそこに」をテーマに子育てしたいです。

・骨盤底筋ケアは産後すごく大切  二人目妊婦健診9回目 その2 

その1からの続きです。

fun.hatenadiary.jp

 

 

 

産後の骨盤底筋ケアはすごく大事

帝王切開だと骨盤底筋の損傷が最小限で済むらしいので、これは魅力です。なので、経膣分娩でも帝王切開でも、どちらの産み方も一長一短だなあ。

 

ちなみに骨盤底筋損傷、あなどるなかれ!

 

産後の女性は尿もれが続いたり、膣がゆるんでお風呂に入るたびにお水が膣内に入って後から少しずつ出てきたり、性交渉の際にパートナーからいまいちだと言われるようになったりと、出産経験ありの半数の女性が実は悩んでる問題らしいんです。

 

www.mcube.jp

 

 

ほんとこの膣周辺問題は大変なので、産後ゆっくり休むことと、骨盤底筋を鍛えるちょっとしたストレッチのような体操をすることが重要だと思います。

 

尿もれが続かないよう、なし崩し的にセックスレスにならないよう、結構やる価値はあるのではないかな、と思われ。

 

 

私は一人目の出産の際に用意しておいて、以下の2冊「産後骨盤ダイエット」と「赤ちゃんと一緒に!ペリネのエクササイズ: お産の前から知っておきたい産後の骨盤底筋群とボディのトリートメント」を持っているので、産後少しずつ無理のない範囲で今回も励みたいと思います。

 

  

 

 

 

 

 

帝王切開と腸内細菌叢の話

 

一人目の出産の際に調べた時に書いた記事なのですが、

fun.hatenadiary.jp

 

そこで書いたのをコピペすると、、、

「要約すると、赤ちゃんの腸内細菌は胎児の時は一匹も棲みついていなくて、生まれた後徐々に形成されるんだけど、ゼロからどうやって赤ちゃんの細菌叢ができあがるか、というと、生まれる最中に産道でお母さんからもらう、という話。

 

じゃあ、帝王切開の場合はどうなるの?というと、何と、取り上げてくれる助産師さんやドクターの手からの皮膚の常在細菌が付着して、ということらしいのです(°_°)

 

そうすると、経腟分娩と帝王切開で生まれた子供の差は何なのか、というと、

 

 

もともと親がアレルギー体質の場合に限るけど、帝王切開の赤ちゃんの方がアレルギー疾患のリスクが高まるというデータがあるらしい。

 

乳酸菌やビフィズス菌のような善玉菌によって腸内細菌のコロニーが優勢な状態になっていることが、免疫系を安定させて、過剰な反応であるアレルギーを起こしにくくしている、というようなことが言えるらしいんだけど(親がアレルギー体質じゃない場合は差異はないらしい)、産道でその菌をもらってないから、リスクが高まっちゃうというわけ。

 

もちろん帝王切開でも、上記のようにドクターや助産師さんの皮膚の常在菌からのスタートで徐々に善玉菌を増やすことになるから、経腟分娩の赤ちゃんよりは作成が少し遅れるけど、ちゃんと腸内細菌(乳酸菌やビフィズス菌)が棲みつくから問題はないみたい。

 

アメリカでは現在3人に1人が帝王切開となっているため、研究者から帝王切開の場合は、お母さんの膣分泌液を赤ちゃんに与えてはどうか、というアイデアが出ているらしい。

 

私は若干アレルギー体質(湿疹が出やすく腫れやすいが、IgE検査すると数値が300くらいで若干高めなだけで「はい。あなたはアレルギー体質ですよ!」という数値には至らない、という体質)なので、経腟分娩になればいいかなって、これを読んで思いました。」(コピペ終わり)

 

 

—————————-—————————

最近の絵本事情

ここ数日は、1日延冊数が30冊前後に収まっていて、ハスキーな声が少しマシになりました。いやー、ギリギリ私の喉、なんとかなってるな!

 

娘にしたら今あるのは30冊なのですが、同じ本だから、多少飽きて来たのかな?と思う。しかし、新たに買うとしても、何せ1歳3カ月なので、文字が少ない絵本がいいし、ボードブックがベターなんですけど、意外にボードブックって売ってないですね!

 

図書館で借りるには、まだ破りそうなので借りられません。せっせとAmazonボードブックを探しては買っています。でも、最近は絶対破りたい!ということもなくなってきたようなので、普通の紙質の絵本も買っています。

 

 

 自己紹介 - 高齢出産記録と育児雑感