高齢出産記録と育児雑感

40代半ばで娘を出産。奇跡は一度しか起きないと思っていたら二人目妊娠しまして(汗)1歳半差の年子になる予定です。が、頑張らないと!出産に備えて毎日鉄分と総合ビタミンBと亜鉛をせっせと摂取中です。

・二人目妊婦健診3回目 17w3d 

 f:id:fun8:20171013174038j:image

えー、画像ですが、 家ではオムツの蒸れを防ぐために、おむつのあたりはボタンを開けています。オムツが見えてて失礼!

 

 

さて、妊婦健診3回目です。

3回目は待ち時間ゼロ!うれしー (担当医の受け持ちの出産が入ると1時間半くらい軽く待つので大変なのだ。。。でもお互い様なので仕方ないよね。)

 

 

【内診でクラジミア検査・子宮頸管長計測・膣壁チェック】

クラジミア検査は4回目にする予定だったんだけど、私の膣壁に気になることがあったので内診でみてちょ、と頼んだら、じゃあ、ついでにってことでクレジミア検査と子宮頸管長計測もした。

 

子宮頸管長は、4.9cm。そんなに長くないけど、やばくもない数値みたい。

 

膣壁の一部がちょいと外に出てる感じで、診察の4日前から気になっていたので自己申告。診てもらったらところ、何ら支障はないらしい。

 

「これかな?」って内診の際に出てる部分らしきところを触られ、「感触ではわかりません!鏡ありませんか?」と聞いたら、「鏡はない」との返答だったのだ。だから、この部分が気になっている部分ってことを確認できなかったんだけど、現状問題ないならまあ、いいか。

 

 

出産後にちょっと出てる部分が元に戻るかどうかは微妙らしくて、えー!戻んなかったらどうしよ!と思ったけど、今回は特に戻らなかった場合の処置を何も質問せずに終わる。性交渉も出来るし、擦れて血が出ない限り問題ないんだって。えー、そうなの?でも、性交渉したら血が出そうなんだけど、、、。

 

 

 

【中絶可能期間には性別を医者が教えない理由】

他のクリニックで初期胎児ドックを受けた結果、特に何もなかったことを報告したところ、「性別を聞いた?」と聞かれたので、「いえ、聞いてないです。」と答えたら、「胎児ドックのエコーだと(すごく精密だから)初期でも実はわかってるし、うちの病院の(普通の)エコーでも、じっくり30分くらい診ればわかるんだけどねー。まあ、その時間ないけど。ちなみに、なぜ性別を教えないか知ってる?」と聞かれたので、「あーなんか、性別がわかると、それで中絶しちゃう人が出てくるから、みたいなことをどこかで聞いたような、、、、」と答えたら、「そうなんだよね。世の中いろんな人がいるから、信じられないよねえ。ぼくは一度もそういう話をここらでは同僚から聞いたことはないけど、関西の先生には結構あると聞くんだよね。」と言われた。

 

へえ、地域差あるのかな。中絶って壮絶で、普通は掻き出すわけなので、母体にも負担がかかるし、本当に本当に女性には想像しただけでつらいことなので、よっぽどの理由がないと女性はしたくないだろうに、つらいだろうな、、、と思った。

 

次回1ヶ月後の健診は、めっちゃめちゃ混雑しているので、3週間後か5週間後のどっちがいい?と聞かれたんだけど、5週間後は夫が仕事なので、3週間後にしました。「うう、少し面倒臭い。」と夫に言ったら、いいじゃない。膣壁のこともあるし、3週間後の方がいいよ、と私よりも心配してる様子。

 

さっき予約票見たら、担当医、日時を間違っていて、ダメな5週目にしてるよ。電話して訂正しないといけない!ということで、この際6週間後にしました。(ちょうど妊婦健診3回目から4週間後に他のクリニックにて中期胎児ドックがあるので、心配ないってことで自己判断。)

 

6週間後以降は、もう2週間おきの診察になる時期。ツワリが長かったのと、上の娘がいるからか、初産の時より時間が経つのが早いこと早いこと!フルで働きながらの妊娠期間を過ごしてる女性はもっと時間が経つのを早く感じてるんだろうなあ。

 

 

 

以下は一人目の娘の時の健診です。5月末かあ。懐かしいなあ。(読んだら全然覚えてなかった。) 

fun.hatenadiary.jp