高齢出産記録と育児書感想日記

40代で娘を出産。妊娠中の日記とこれからは育児書の読書感想を記録する予定。

・育休はロングバケーションらしい

 暑くて既に少しバテていて、なかなか時間の余裕が作れなかったので久しぶりの更新です!

 

 

私は40代なかばで、もともと 20年ほど長患いしてたので体力筋力が異様にない、という特殊な状況で子育てをしているので、かなりひきこもり状態で、幼なじみや学生時代の仲が良い友人とLINEをしたりメールをして、育児相談をしたりしています。

 

そして、主にはてなブログの先輩ママ達のブログを読んで、日々お子さんの成長に感動したり学んだり、考えさせられたりして、それですでに子育ての人間関係は体力気力の問題で、おなかいっぱいの私。

 

そんな私が親戚の娘さんの話を聞いてびっくりしたことがあります。私とは真逆!改めて、一人一人お母さんたちは事情が違うんだと感じました。

 

その娘さんは28歳なんだけど、確か横浜か浦安在住。どっちだっけ、、、

 

生後2ヶ月から産院のベビーマッサージに週一で通い、マタニティーヨガも自分でどこかで申し込んで週一で通い、そこでできたママ友たちと週一回必ず集って食事をしているそうです。すげー!!

 

その上、集まって食事をするときは、テーマがあって、赤ちゃんに着せる服を、今日はピンク、今日はフォーマル、今日は着ぐるみとか、そういうのを決めて楽しんでいるらしい!

 

 

児童館にも、週2回で通っているらしく、その児童館で、マンションが同じと言うことで、同じマンションのママ友を既に数名作っているらしい。ここら辺はうろ覚え。

 

つまり、週5回も予定がある!聞いているだけで目眩がしそうな位にアクティブ!

 

確かに、私も元気で20代なら、人生これから、という時代だから、いろいろ子育てをしながら世界を広げていきたいと言う欲求があると思うけど、それにしても、この親戚のお嬢さんはすごいなぁ。なんか次元が違う気がする。

 

その上、今度ママサークルを立ち上げるらしいです!

 

どうしてそこまで元気に動いているのか、親戚が本人に聞いてみたところ、生後八ケ月から子供を預けて一生働くので、今が人生の中でのロングバケーションなんだそうです。

 

なるほどなぁと思いました。

 

なので、子供がハイハイする前に、ハワイにも行く予定だそうです。タフ!

 

確かに、社員として勤務していれば、というか、フリーでも8ヶ月も休める事はないだろうから、気力体力ともに充実していれば、この8ヶ月を有意義に過ごしたいと思うのは当たり前なんだろうなあと。

 

こんな風に、同じお母さんでも、全然違う。

 

 

最近、そろそろ月2、3回は児童館に行こうかなと思っています(今のところ、それくらいが体力の限界な私。)しかし、暑いので実行出来ずにいる。

 

児童館でお会いするお母さんも、一人一人全く事情が違うと言うことを忘れずに、ちょうどハイハイしたとか、離乳食はこんなものを食べさせている、なんて言う話で、共通点があるので、ついつい相手も私も同じような生活をしていると勘違いしそうだけど、礼節を持っていて適度な距離で接することができたらなぁと思ったのでした。

 

 

違いは世代の違いだけでなく、正社員で働いているか否かとか、正社員だったけど辞めて専業主婦で、今閉塞感で精神的に子育てが辛い中、児童館に来てるかもしれないし、逆に、お勤めを辞めて、子育てに専念してハッピーとか。

 

出産して旦那さんとうまくいかなくなっている人もいるだろうし、逆に子供が生まれて夫婦の絆が深まっていた人もいるだろう。

 

こういうことの上に、特に金銭面で実家のヘルプをふんだんに得られているか否かで、同じような給与体系でもお母さんの精神的な余裕は全然違ってくるしね。

 

 

こんな事は当たり前なのだけれども、ついつい、瞬間的に属性が乳幼児のママっていう点で同じだから、我々皆同じ、と幻想を抱いてちゃいそうなので、気をつけないと!と思ったのでした。