高齢出産記録と育児雑感

40代半ばで娘を出産。奇跡は一度しか起きないと思っていたら二人目妊娠しまして(汗)1歳4ヶ月差の年子になる予定です。が、頑張らないと!出産に備えて毎日鉄分と総合ビタミンBと亜鉛をせっせと摂取中です。単なる記録ですので、ためになる記事・有用な内容がないんですが、それでも良ければご覧下さいませ。

・入院日 和痛(無痛)分娩出産前日

かなり期間があいちゃったけど、出産日前日の様子をアップします(^^)

39w5dで出産したので、その前日、39w4dの事です。 

 

 

 

出産日前日。入院する日。

朝10時起床。

 

昼は軽く豆乳スープと玄米ご飯。だけど胃が圧迫されて、少しだけ食べただけなのに、もう胃から食べ物が上がってきそう。車の中で胃液が上がって来て、焦ったくらい。もっと食べる量、少なくすれば良かったかな。

 

病院には午後1時入り予定。家から途中、図書館へ立ち寄り、本を7冊借りて持ち込む。和痛分娩が、長引いて、なかなか陣痛が来なかったりした時のために。

 

下手したら、朝7時からいろいろと処置をスタートしたとしても、夕方の4時5時まで、何も起こらないこともあるらしいので。

 

会計窓口と受付で簡単な手続きをすませ、部屋へ。

 

部屋から海が見える。落ち着く。マタニティヨガをしたところと同じ方角が窓から見える。

 

体調は良い。風邪だけ引かないようにしたい。

 

早速、明日の出産をしてくれる助産師さんが部屋に来てくれて会う。とても素敵な人だ!一回りくらい年齢が下かな。

 

 

少しして、バルーンを当直の先生に入れてもらう。

 

その場で少しだけ出血。挿入されたバルーンの先から棒状のものが5センチくらい出てるのでデリケートゾーンに違和感がある。この先の部分は、どう下着に収めるのか?!座るとき、なんか困る。別に痛くないし、バルーン自体も痛くないんだけど。

 

部屋に帰りNST着ける。数値に問題なし。

 

夫、病院を出て帰宅。

 

夜ご飯6時。美味しい!器も綺麗!病院の薄味が関西出身なのでちょうど良い。それでもまだ濃いかも。

 

夜中1時、バルーン、トイレで取れる。

ナースコールをして、バルーンを回収してもらう。取れていいのかしら?

 

次の日、バルーンが早めに取れたというのは、それだけ子宮口が開いたからよいことだと、初めてわかる。私は抜けたらまた子宮口が縮むかと思っちゃったんだけど、そういうもんじゃないのねぇ。

 

 

アラームを6時半にセット。朝まで眠る。目覚めることもなく、よく寝れた。

 

 次は出産レポートです。

 

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村高齢出産