読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢出産記録と育児書感想日記

40代で娘を出産。妊娠中の日記とこれからは育児書の読書感想を記録する予定。

・出産のため入院したら夫にやってほしいこと

私が入院する病院は、個室で夫も宿泊できるので、最初の3、4日は夫も宿泊予定です。さすがに一週間ぶっ続けは、仕事に支障が出ると思うので、母子ともに健康な場合は、途中からは家で眠る予定ではいますが、どうなるかなあ。

 

 

 ***************************************

夫は、サプライズができたり、女性にマメなタイプでは全然ないので(男性社会での上下関係の振る舞いは、幼き頃から体育会で育っていて得意なので、いろいろと仕事上は細やかにやってるみたいですけど。)誕生日などの記念日も、事前に私が自分でしてほしいことを指定。

 

お店も、私が自分で誕生日でも記念日でも探して予約する年が殆どです!

 

プレゼントも同じかな!何年かに1度、夫に考えてもらってますけど(^_^;)

プレゼント自体、ここ3年くらいは、ナシなんですけどね! (欲しいものが思いつかない年齢、、、。)

 

なので、出産後に○○が欲しいとか、そういうのも、全部、具体的に指定。

 

 

今の所、病室に花束が欲しい・出産ご苦労様プレゼントにピアスが欲しい。

 

40歳半ばにもなると、物欲がほんとなくなる。だいたい欲しいものは今までに買ってしまっている年齢なんだよなあ。で、欲しいものはドカーンと大きいものなので、記念日にもらうようなものでもなくなってるんですよね。

 

なので、今回は珍しく、記念に何か欲しくなったんだけど(自分でも意外)、やっぱりそれだけ体に負担がかかっていて、無性に夫に労ってほしいんだろうな。

 

そして、そのねぎらいは、言葉だけじゃなくて、後々に、プレゼントを見るたびに思い出したいなって思ってるみたい。こんな気持ちになるなんて、自分でも意外です。婚約指輪とかそういうのも、あってもなくてもいい、というタイプできたので、自分で意外なんです。

 

 

「えー!そんなの指定するの?夫が自発的にくれないんだったら、いらないよ」と思う方も多いと思うんだけど、私は変わり者なので、こういう形の夫婦でやってきました。

 

変わり者ゆえ、気遣いのできる多くの女性のように、パートナーに対して、「言わなくてもそんなこと、察してやってくれたらいいのにな!」って思わないんですよね。

 

 

それは、私が寛大だからじゃなくて、私がそもそも空気が読めなくて、言われなくても、そっといろいろやっておく、というのが大の苦手なので、他人にも求められないっていうだけなんです。

 

なので、ある意味、夫は言われたことをやればいいので、ラクかもしれませんが、逆に、私が言われないとできない女なので、「俺が言う前に、察してやってくれたらいいのに!」とストレスがたまっているはずです。かわいそうに、、、。

 

ま、職場でいろいろと察して気遣ってもらっているでしょうから、いいでしょう!(知らんけど)

 

さあ、欲しいもの2つを、出産後、夫は覚えて買ってきてくれるでしょうか。なんとなく、もう忘れられている気がするんだよね。 

 

追記

ちゃんと覚えていてくれました!花は二回買ってきてくれたし、ピアスも買ってくれました。立ち会って、出産て大変!と思い、入院中の頻回授乳にびっくりして、こりゃー大仕事で、体の負担が半端ないと思ったみたい。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村高齢出産

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へにほんブログ村妊娠後期

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村胎教