読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢出産記録と育児書感想日記

40代で娘を出産。妊娠中の日記とこれからは育児書の読書感想を記録する予定。

・母乳を飲ませるコツ(入院中に読む予定のSariさんのブログ!)

 

出産のための入院が近づいてきたので、入院中に読めるように、メモ。

 

Sariさんのブログで学んだことでやってみようと思っています!

Sariさんは、かなり文献をきっちり調べて書いてくれているので、キュレーションサイトにありがちな、「え?それどこで知ったの?本当なの?誰が書いてたの?根拠は?その情報は正しいの?」という心配がありません。

 

 **************************

それに対して、妊娠出産に関するキュレーションサイトはひどすぎるo(`ω´ )o 

 

読んだ女性を余計に混乱させるような作り・内容になっていて、個人のブログからのお粗末なコピペの寄せ集め(画像と無断で使用している例もいっぱい)や、いい加減なコピペをつなぎ合わせたような記事の圧倒的な数で、一見、信憑性があるように見えるサイトが多いですが、掲載されている内容の情報の不確かさはひどいもんだと思ってます。

 

私はキュレーションサイトにある情報は全無視です。あんなもん見てたら混乱するし、巷の噂話・都市伝説よりタチが悪い。

 

________________________________________________________________________

 

さてさて、母乳の話。 

 この記事がまとめになっている。Sariさん、ありがとうございます。

mina2012.blog.fc2.com

 

 

「泣く前に早めの赤ちゃんのサインを見つけて母乳育児すると、とってもストレスが減るよ」ということも勉強になった。

 

3時間おき、というのはミルクで育てる場合で、母乳の場合は、欲しそうにしたら(その早めのサインを見つけて母乳を)あげたらいい、ということで、赤ちゃんにあげるべき時間に決まり、規則性はないらしい。

 

mina2012.blog.fc2.com

 

 

 

 

母乳育児に大切なのは、抱き方(お母さんと赤ちゃんの向き)と飲ませ方(どうやって口に含ませるか)、だそうです。ふむふむ。

 

コツは、Sariさんのブログより。

 

授乳のときは
★赤ちゃんの体と頭の向きは同じにして、お母さんと赤ちゃんのおなかの正面が向かい合わせになるようにする。

 

★赤ちゃんのあごは少しそるような感じ。(あごはおっぱいにくっつくが、鼻はつかない)
http://mina2012.blog.fc2.com/blog-entry-11.html より

 

 

 

赤ちゃんは乳首を口の奥のほうまで取り込んで母乳を飲むのだそうです。


約4センチくらい口の中に取り込んでいるのだそうです(参考文献:母乳育児支援スタンダードP125)

 

軟口蓋といううわあごの柔らかい部分のあたりに乳首の先が届きます。そうすると痛みを感じることなく授乳できるし、赤ちゃんはたくさん飲めるのだそうです。

http://mina2012.blog.fc2.com/blog-entry-13.html より

 

 

 

 

自分なりのコツが体感できるようになるまでは、今まで母乳をあげている女性をよく見てきた人以外は、Sariさんによると、ちゃんと知識を持ってやったほうが、母乳や混合での育児中に、精神的にも安定するらしいから、ちょくちょく今のうちから勉強しておきたいな〜

 

 

 本は、Sariさんが紹介していたこの本「だれでもできる母乳育児 」を読みましたが、Sariさんのブログの方が実践的で入院中にはいいと思った。

 

 

 

 

 

それと、母乳の上手な飲ませ方の動画を紹介してくれているページは下のページ。

百聞は一見しかずやな!と実感した動画。これは助かる〜 ほんまにsariさんには感謝しかないわ。

 

mina2012.blog.fc2.com

 

Sariさんの「吸着の情報」で紹介されていた動画だけのYoutubeのページはこっちね。

英語だけど、見ればわかるので大丈夫でした。

youtu.be

 

 

youtu.be

 

 入院中、また見ようっと!

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村高齢出産

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へにほんブログ村妊娠後期

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村胎教