高齢出産記録と育児雑感

40代半ばで娘を二人出産し、2018年から1歳4ヶ月差の年子育児スタート。母親の余裕が子供にとって一番大切だと思うので「無理しない・苦手なことは頑張らない・手を抜けるところは徹底的に手を抜く・何事もそこそこに」をテーマに子育てしたいです。

・妊婦健診10回目 その1  36週目

 

特に問題無しだった。前回の B群溶連菌検査もオールクリアで良かった良かった。

 

今回は普通の健診に加えて和痛分娩なので、そのための検査もあった。12,000円なり。

胸部エックス線

血液検査

肺機能検査

心電図

 

 ***********************************

 

当日全て検査結果がわかり、全部大丈夫でした。嘘みたい!

 

というのは、40代半ばなので、いつ何時、何かがあっても仕方ないと覚悟して、妊娠中は初期から、割合と淡々と過ごしてましたが、(いや、初期はマジで流産率が私の年齢だと40パーセント台なので、流産するかもなあ、と思っていたので、淡々と、というよりは、初期は結構びくびくしてたなあ。)大きなトラブルなくこれてほっとしてます。

 

マイナートラブルはかなりありますが!

 

fun.hatenadiary.jp

 

 

 

10年続けてきた食事療法と健康法の生活様式が良かったのかな?わかんないけど!

 

 

 

特に肺機能年齢が23歳らしく、技師(女性の方でめっちゃ感じよかった)に「これは動悸息切れのする妊娠中にすごい」と褒められました。わーい、うれしい。

 

肺活量や肺機能が23歳と同等です、と言われても、特に今までの経験で「良かったわ〜」という実感が日常生活にないので、「私の肺機能はすごいんですか〜」としか反応出来ませんでしたが、後からなんかジワジワ嬉しくなった(^◇^;)

 

だから学生の頃、長距離マラソンがしんどくなかったのか、とか、歌とか声の発声がいいと言われることが多かったのかな、なんて、ふと考えた。

 

肺機能がよいと、麻酔下でも呼吸困難になりにくいということのようです。

 

ちなみに、いつもの妊婦健診の方では、腹部エコーの前に先生がお腹を触り、「よし、2500g以上はあるな」と言ったのを聞いて安心!

 

正期産37wまであと僅かだけど、2500gあれば、今産まれてきても問題ないから嬉しいなあ(^ ^)

 

和痛分娩なので硬膜外麻酔をするため、2週間後の検診では、麻酔科医と1時間も話をするそうです(°_°)びっくり。

 

長くなったのでその2に続けます。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村高齢出産

 

  にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へにほんブログ村妊娠後期

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村胎教