高齢出産記録と育児書感想日記

40代で娘を出産。妊娠中の日記とこれからは育児書の読書感想を記録する予定。

・バースプラン考え中(来週提出予定)

 

バースプランなるものを書いて提出する、というのも妊娠してから初めて知った。  

 

 

バースプランと会陰切開 バースプランに会陰切開は避けてほしい、と書いても、あまり聞き入れられることなく、初産なら90パーセントの人が切られるということみたい。

でもって、分娩中、「会陰切開した方がいいと思うけど、いいかな?」と声をかけられると、あまりの痛さや、早く産みたい!という気持ちで、「いいです、いいです!なんでもやっちゃって!」という気分で了解した、という人が多数でした(陣痛、出産レポート読みまくった私の独断統計による)。

 

 

 

切開後の痛みは、切る医師の力量が大きそう、、、。上手な先生に当たりますように!

 

たまに助産師さんが会陰切開を避けるために、根気よく会陰をマッサージしながら分娩介助したり、リードしてくれるらしい。すると切らなくて済んだ、というような体験談をちらほら読んだので、これも時の運だな〜  

 

ただ、当日は何があるかわからないのが出産なので、皆さんの出産レポートを読んでいると、結局分娩時には、バースプランはなかなか聞き入れられず、という人が多かった(私が出産レポートをネットで読んだ範囲での感覚だけど)。

 

でも、ほとんどの人が無事生まれたことの方が大切なので、聞き入れられなかったことには不満はあまりなかったように読んでいて感じた。  

 

私の場合は、超高齢出産なので、母子の安全が確保されるなら何でもいいです!という希望。

 

音楽流したい・撮影したい・ソフロロジーがいい、などなど、今の所ですが、全然リクエストはありません。何でも頑張って乗り越えます!という気持ちでいます。

 

立ち会い出産できればいいけど、和痛分娩予定日(和痛分娩の場合、計画出産しかない病院なんです。)より前に陣痛が来たら、夫の仕事の都合もあるので、これも不確定。

 

仮に30歳前後で、2人目以降なら、「助産院で産んで、音楽かけて、分娩台で出産せずにフリースタイルで、会陰切開はなしでじっくり出産。」なんて言ってたと思うけど、40代中ばでは「ないない!そんなの無理だよね!病院にお任せします!」と思ってしまいます。

 

バースプラン、どうなんでしょう〜まだまだ時間はあるので考えてみようかな。

 

追記

特に希望はありません。と書いた。しかし、傷が腫れやすく治りにくいので、会陰切開を避けられるように、マッサージしてます、とアピール!

それと、打たれ弱いのでドクターと助産師さんに励ましてもらいたい、とは書きました。