読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢出産記録と育児書感想日記

40代で娘を出産。妊娠中の日記とこれからは育児書の読書感想を記録する予定。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる! の感想。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる! の感想。

★★★☆☆

アマゾンで売り上げカテゴリー第1位で、とっても人気の本。

”アメリカで100万部を突破した「The Pregnancy Journal」の日本版。妊娠した日から出産日まで、毎日の胎児の成長と母胎の変化、栄養アドバイス等を詳しく解説。日本では「週・月単位」で解説した妊娠出産本は多々あるが「日単位」は初めて。妊婦の不安や気がかりを解消し、安心して赤ちゃんを迎える心と体の準備できる一冊。

1~2日に1箇所、体調や気づいたことなど自由に書き込めるメモ欄付き。”

というものなんだけど、辞書みたいな大きな本に日記のように書き込むというのが特徴だけど、無精者の私には向いていなかった(^^;;

それと、1日1日単位で、「今日の赤ちゃんは、、、」と説明があるのだけれど、それだけに情報が細切れで、ざっくり全体像を理解したい私は、通読するのに時間がかかり過ぎました。週数ごと(月ごと)の記載の方が良かったかな?

妊娠初期は、自覚が全然ないので、この本を読んで、毎日赤ちゃんがちゃんと育っているんだな、と思えたので良かった、という感想が多かったです。確かに、初期はお腹の痛みや少しの出血、だるさなどはあっても、お腹も大きくないし、胎動もないので、頭で理解しないと妊娠している実感がないので、1日1日かみしめて読むと愛着がわくかな?

      にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ にほんブログ村