読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢出産記録と育児書感想日記

40代で娘を出産。妊娠中の日記とこれからは育児書の読書感想を記録する予定。

語学の習得は1歳までが一つのターニングポイント(早っ)

胎教 参考になった本 幼児教育

0歳からの教育 NEWSWEEK 2011年を読んでます。その30pに、言語能力について詳しく書いていました。

「1歳までに家庭で2ヶ国語以上の言語を聞いて育つと、早くから文字を読むようになり、創造性も高まるようだ」とありました。

 

「生後6か月まで1ヶ国語しか聞かずに育つと、他の言語の習得に必要な神経細胞が刈り込まれる」そうです!

 

帰国子女で、【小学校低学年まで海外暮らしで、その後帰国】の場合、使い続けないとすぐ忘れている人が多い。

ずーっと続けないと、すぐに忘れちゃうんでしょうけれども。

リスニング力と発音の良さは、「小さい頃に外国語を聞いているか否か」でずいぶん違うように、英語を話せる人を見ていて思います。 なので、私は妊娠中からせっせと英語を聞き流してみたり、1日5分くらいだけど、英文を読んだり、ちょくちょく英語で話しかけています。

なんだかんだ言って、日本語を聞いている時間と日本語を話している時間が長いので、日本語8:英語2 くらいなものだから、 あんまり効果ないとは思うけど〜

 

 

 

 

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村高齢出産

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へにほんブログ村妊娠後期

にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村胎教